プロフィール

名前:
小栗郊美
役職:
総務取締役
職歴:
入社10年目
趣味:
映画鑑賞

インタビュー

現在のお仕事の内容を聞かせてもらえますか
総務・労務・人事、、、バックヤード作業の全般を行っています。時々お店のヘルプに行くこともあります。
どんな経緯でありがとうに入社したのですか
前職は洋服販売会社でエリアマネージャーとして働いていました。ありがとう創業期に、代表の黒柳と縁があってまったく別の業種から飛び込みました。飲食業としての経験は全くなく、最初は社名の「ありがとう」の意味も「?」でした。
すごい名前の会社だと(笑)
そうです(笑)。今となっては、全てのことに感謝する、全国でも一番「ありがとう」を言う会社でありたいと思っています。感謝されるのはとても嬉しいことですが、まず何事にも感謝の気持ちを持つことが大切です。今思えば素晴らしい社名ですね(笑)。
「ありがとう」というネーミングだからこそ、何かが生まれるという
社風にも表れている気がします。弊社は元気で明るく、人と人との絆が強い企業風土ですが、社名が果たしている役割は大きいと思います。「ありがとう」という社名を背負っている以上、日常生活でもピリッとします。社名がありがとうなのに、下手なことはできないですから(笑)。
人と人との絆が強いとのことですが、具体的にはどんなことでしょうか
人の魅力を引き出すのが、企業としての使命だと思っているので、色んなことを相談できる雰囲気はもちろん、現場でやりたいことがあればどんどん意見してもらえる風通しの良さを作っています。何でもチャレンジできる、人が成長できる場にするには、個人を尊重しなくてはいけません。これは、お互いの絆、信頼関係がないとできないことだと思っています。

インタビュー

自分を尊重してもらえれば、仕事にやりがいを感じられそうですね!
やはり、自分を肯定してもらえたら誰でも嬉しいですよね!個人的な仕事のやりがいとしては、日々新しい情報に触れられるということです。ビジネスのトレンドはもちろん、広告やCSRなど幅広い情報が毎日のように飛び込んでくるので、刺激的です。業務としての喜びは、自分がいることでお店がうまくまわってくれた、ピンチを切り抜けられた、というときですね。私は、基本的には店舗に立ってはいないので、その俯瞰した視点で現場を見て、現場からの声を大切にして改善していくことが重要だと思っています。実際に店舗にいない分、そんなことがあると本当に嬉しいです。
最後にこれからの目標を聞かせてください
これから更に30年続く企業を目標に、そのための準備をしているところです。その柱は、スタッフ、社員の人生を豊かにすることです。給料の面でも、時間の面でも、働きがいも。ありがとうで働くことが、人生設計の中にしっかりと組み込めるような体制をもっと充実させたいです。
「飲食業」としてのあり方がガラリと変わるかもしれません
大変なイメージのある飲食業がもっと楽しく、人生を楽しめる職場にすることが夢ですね。そんな「ありがとうイズム」をぜひ感じていただきたいです。もし会社に興味を持ってもらえたら、店舗だけではなく、事務所にもぜひ遊びに来てください!開かれたバックヤード目指しているので、いつでもwelcomeです(笑)。
一覧に戻る